AGAの薬にかかる費用は、どれくらい?

AGAの治療に使われる薬といえば、言わずと知れた、ミノキシジルとプロペシアですね。

プロペシアは、髪がこれ以上抜けていくのを押さえて、現状維持を図ろうという薬、ミノキシジルは、髪が再生していくのを助ける薬と理解しておいて、間違いないでしょう。

そのため、AGAの治療を受けたことがある方は、ほぼ全員がミノキシジルとプロペシアを服用した経験があります。

とはいえ、AGAの治療は、保険適用外です。

すべて実費で支払わなくてはいけません。

初診料、処方料、検査をした場合の検査料など、治療にかかる費用は、馬鹿になりません。

その中でも、費用が高くつくものとして、ミノキシジルとプロペシアの薬代というものがあります。

ですから、AGAの治療にかかる費用を少しでも抑えようと思ったら、プロペシアとミノキシジルを安く手に入れる方法を考えたくなりますね。

プロペシアとミノキシジルは、通常は医師からの処方箋を受けて薬剤師の指導のもとで購入するものですが、他にも費用を抑えて手に入れる方法があります。

それは、個人輸入をする方法と、ジェネリック薬を使うという方法です。

プロペシアとミノキシジルを正規料金で購入した場合、1か月にかかる費用はおよそ8,000円前後です。

一方でこれらの薬を個人輸入した場合は、5,000円前後の費用に抑えることができます。

さらに、ジェネリック医薬品を使用した場合は、2,000円前後にまで抑えることができます。

AGAの治療のためには長く服薬しなければいけませんから、薬の費用を抑えることは、重要なポイントといえますね。

治療の流れ・費用(治療費)に悩む前に、クリニックに相談しましょう。